フォトアルバム

最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村自転車ブログ
    にほんブログ村 自転車ブログへ

(旧ブログ)自転車ツーリング Feed

2012年6月10日 (日)

久しぶりに蝙蝠峠へ

梅雨入りして初めての日曜日、幸運にも降水確率は10~20%。これは、しっかり走っておかなければいけないと思って、どこに行こうかと思案。
とはいうものの朝一にちょっとした家の片付けをしていたら、出発が9時前になってしまった。。。
この時間だと200kmコースを走るのは無理があるので久しぶりに蝙蝠峠へと行くことにしました。

↓が今日のコース。

120610_map1

続きを読む »

2011年5月 8日 (日)

石榑峠~安楽峠

先日、石榑峠の様子見に出かけた際、突然の雨(とういか嵐)で引き返したことがあったので今日こそはと行ってきました。
石榑トンネルの開通後、交通量が増えて走りにくさを感じ出したので今回は、ここを左の道に進んで永源寺ダム湖の右岸を走りました。以前は落石が多い道でしたが、ここ最近は落石もキレイに除去され非常に走り易くなっています。

110508_01

続きを読む »

2008年7月 6日 (日)

スタミナ補給ツーリング

今日は、スタミナ補給ツーリングと称して美味しい鰻を食べてきました。
本日の参加者者は、
■三雲駅集合
 こんちさん15年選手さんちゅっぱさんチャリ太さんかわchanさんYAMAさん、そして私
■道の駅「関宿」合流
 青垣さんdaiさんミャンマーさんとご近所F澤さん
■長野峠迎撃
 niwa-chanさん
チャリ太さんは、宇治から自走。daiさんは、名古屋から自走。皆さん、凄すぎです!

今日は、スタミナと筋力の無さからヘロヘロになってしまいました。もう皆さんに
ついて走るのが精一杯の状態・・・。よく帰ってこれたものです。shock
ということで細かい説明の無いレポートでご勘弁下さい〜。

三雲駅集合のメンバーは、旧東海道を東へ向かいます。
Kjloem1q

旧東海道
土山宿通過



鈴鹿峠では、万人常夜灯を見物ついでに休憩。
Ty1tobnh




道の駅「関宿」で残りのメンバーと合流。
早速、ミャンマー独演会が開催されました。本日の演目は、ディレイラーハンガーの
破断によるRD脱落時のリカバリー体験記。(笑)
A3flajsm




関宿から津までは、そこそこのハイペースで巡航。
Aywagbhr

旧伊勢別街道
を通過中



それにしても、やたら暑いです。
走行中は、まだしも信号待ちなどで止まると汗がダラダラ。。。
Psix4soq



私もこの辺りまでは、余裕があったのですが・・・。

関から約1時間で目的の「はし家」さんに到着しました。
車1台分のスペースにロードバイクが11台。かなり効率的な土地利用です。
上から見た様子は、こちら。 
5ymdfqwk




前回、大盛にして食べ切れなかったので今回は、特上を注文しました。
が・・・鰻もご飯もたっぷりあってお腹一杯。
Gqlg3m9m

味は、最高です



食事の後、名古屋まで戻られるdaiさんと関宿に車を置いている青垣さんと別れて
R163を伊賀上野方向へ向かいます。
それにしても暑い!路面からの照り返しでフライパンの上にいるようです。
Nrvju92g




この後、長野峠への上りが始まるのですが見事に撃沈でした。
ヘロヘロになりながらやっと峠を通過。
あかん、、、スタミナも筋力もついでに根性も見事に無くなっています。shock
写真を撮る余裕なんてゼロ!
長野峠からの下りで迎撃に向かってきたniwa-chanさんに遭遇。

下り坂になったのでやっと1枚撮りました。
Bybcj5f2




コンビニ休憩の後、ちょっと油断したらこんなにも引き離されて・・・。
P9llfcue

追い付く
のが大変


伊賀上野でミャンマーさんとF澤さんとお別れの後、あまりの暑さのため当初の御斎峠をやめて
別ルートで滋賀県に再突入。信楽の手前でチャリ太さんとお別れ。
残り僅かな体力を振り絞って何とか三雲駅に帰着しました。
Ulhw3nsj



それにしても皆さんの足を引っ張ってスタミナの無さを実感するツーリングでした。
もっと持久力・筋力を付けないと。。。かなりやばい状況です。shock

にほんブログ村 自転車ブログへ

2008年6月 8日 (日)

鈴鹿山脈、五峠制覇(後編)

前編からの続き

〔その4.石榑北から武平峠〕
石榑峠の次は、武平峠に向かいます。三重県側の悪路をゆっくりと下ります。
傾斜がキツイだけでなくコンクリートで舗装された路面は、あちこちに大きな亀裂や表面の
剥離がありガタガタです。ところどころに大きな溝もあり慎重に慎重を重ねて下らなければ
なりません。
峠から約1kmほど下ると傾斜も緩くなりアスファルト舗装に戻ります。
(注:この地点にも2mバリケードが設置されています)

さらに下っていくと三重県側のトンネル開口部の横を通ります。この工事が完成すると
全長4500mの長〜いトンネルが開通することになります。
Loba0vkx




峠を下りきって石榑北からは、鈴鹿山脈の東側を菰野方面に南下していきます。
Pgebdgxw

中央付近が
石榑峠です


どうやら緩い下りになっているようで
結構、快調な速度を維持できます。
途中、菰野大橋手前のコンビニで小休止。胃もたれしないようにクリームパンと豆乳で
軽い昼食を摂ります。

菰野でR477に右折、湯ノ山温泉の横を通過すると真っ直ぐに上っていきます。
この先にあるのは、今回で一番の難所ともいうべき標高820mの武平峠です。
上り口から延びるこの直線が苦手です。黙々と踏み続けても景色が変わらない・・・。shock
Larmmenh




武平峠を三重県側から上る場合、熊牧場からロープウェイ線下までの間、脚休めできる
ところがないため延々とペダルを踏み続けなければなりません。
Kwmbhrvi




さすがに疲労が蓄積してきて脚が回らなくなってきました。
筋力がなくなってきて踏み続けることができないので体重を掛ながら少しづつ、少しづつ
上ります。
好天に恵まれたせいか登山者の姿も多く見られ、励ましの言葉を掛けて頂く。
たまに滋賀県側から下ってくるローディーが横を通り過ぎていきます。こんなところで
へたばっている姿を見られたくはないので意地でも止まらないぞと思いながら、でも
ゆっくり、ゆっくりと上り続けます。
Cot3lz1k

ここまで
来れば
もう少し!


上り始めてから55分!やっと頂上のトンネルが見えてきました。
一週間前に上ったときのタイムが約45分でしたのでかなりゆっくり目のペースでの登坂でした。
Hoddmah1





〔その5.鈴鹿峠から関宿〕
武平峠のトンネルを西へと通過すると滋賀県です。J4wyr_pc

14時23分、
到着!



ここから野洲側ダムまでの長い下りを気持ち良くダウンヒル!
さっきまでの疲労感も嘘のように消え去り、爽快なダウンヒルを楽しみます。
しかし疲労感が無くなったのは、ただの錯覚であったことを後に実感するのであった。coldsweats02
Jooup9cl




野洲川ダム下流の大河原から黒川を経由してR1へと抜けます。
ここを左折すると鈴鹿峠は、目の前です。
Qwurr1wu




鈴鹿峠は、言わずと知れた国道1号線の峠です。
低速での上りは、安全のため歩道を通行するのですが段差でリム打ちしないように
慎重に走ります。またガラス片も多いので踏み付けないように気を付ける必要があります。
鈴鹿峠の滋賀県側は、緩やかな傾斜なので疲労を増やすこともなくトンネルに到着です。
Dsplqyab




トンネルを抜けると今回のツーリングで3回目となる三重県です。
上方に見える赤い橋は、西へと向かう下り車線です。
上下線が完全分離され道幅が広く路面状態の良い道をかなりの速度で下ります。smile
ただし、所々に道路をつなぐ幅広の鉄板があるのでスリップしないように注意しましょう。
Ebgvgake




1号線を関まで下り最後の補給食を摂りました。疲れてきたときは、消化の良いものが
食べたくなります。
Qnyuruet




15時45分、旧東海道の関宿を通過です!
Cwlt7h_k





〔その6.安楽越〜帰着〕
いよいよ最後の峠となる安楽越です。上り口にある石水渓に向かって走りますが
途中にこんな坂もあったりして疲れきった脚には結構、キツイのです。coldsweats02
Fcj52uin




左手に見えるのがこれから上る安楽越付近になります。
3mikqk_m




石水渓を通り過ぎると安楽越への林道が始まります。鈴鹿五峠の中で唯一、国道で
ない峠です。縮尺の大きな道路マップには記載されていないことも多いのでほとんど
地元の人しか通らない走りやすい道です。

『安楽』と言う名称、そして『峠』ではなく『越』と付けられていることから傾斜が緩く
低い標高を連想してしまうのですが実際には、かなりキツイ上りなのです。
ここまでダラダラとした走りで筋力と持久力を温存してきました。お陰で何とか上り
きれそうなのですが足裏が痛くなってきました。筋力の低下よりも足裏が悲鳴を上げる
ほうが早かったようです。shock
Dcjjxsoy




じわりじわりとペダルを踏んで少しづつ高度を稼ぎます。17時2分、やっと切り通しの峠に
到着です。
K8orrlhs




そして立ち止まることなく土山を経由して家路を急ぎます。
田圃の中を一直線に延びる農道を残っている脚力を振り絞って走ります。
Okbf9klz




充分すぎるほどの満足感です。はい。smile
Ilznzcfp




旧東海道の松並木を通過。
Zeobzwoc




そして最後の難関がやってきました。自宅のある団地の坂です。実にこれがキツイ!(爆)
L0lsoe00




そして18時15分、無事に帰着しました。
今回の走行距離、226km。かなりハードでしたが日が暮れるまでに走りきるという
目標を達成することができました。smile
でも、やっぱりきつかった〜。



にほんブログ村 自転車ブログへ
-----------------------------------------------------------------------

鈴鹿山脈、五峠制覇(前編)

2008年6月7日の土曜日。
以前から走破したいと思っていた鈴鹿山脈の峠ライドを敢行しました。

鈴鹿山脈には、車道の峠が五つあります。
北から順に『鞍掛峠』、『石榑峠』、『武平峠』、『安楽越』、『鈴鹿峠』。
自宅が鈴鹿山脈の西約20kmに位置することもあり上記の峠は、全て走ったことがあります。
今回、その全ての峠を『一日で走破してみたい』と思いちょっとばかし無謀な計画を立てて
みました。wink

プランを立てる時に一番悩んだのは、五つの峠をどんな順番で走るのが効率的か!ということ。
峠によって走りたい方向(西→東 または 東→西)があること、峠の数が奇数であること
を考慮して最短コースを考える必要がありました。
さすがに一日の走行距離が200kmを越えると夕方には、疲労が脚に蓄積されます。

そこで考えたのがこのコースです。
Llkg_wln_s

今回のコース図
画像をクリック
すると拡大します



まず自宅から八日市までの17kmを自走。
八日市から近江鉄道のサイクルトレインで米原まで移動する。
米原からは、関が原(今須)を通って鈴鹿山脈の東へ回り込み次の順序で峠を走ります。
 1.鞍掛峠(滋賀 ← 三重)
 2.石榑峠(滋賀 → 三重)
 3.武平峠(滋賀 ← 三重)
 4.鈴鹿峠(滋賀 → 三重)
 5.安楽越(滋賀 ← 三重)
 ※( )内の矢印は、峠を上る方向です。

そして今回、このプラン通りに走ってきました。
このコースの高低差をグラフで表示したのが下の図です。我ながら頑張りましたよ〜。smile
Vcjwspaj_s
標高図
画像をクリック
すると拡大します



〔その1.自宅〜藤原まで〕
まだ暗い早朝の4時、枕元の目覚まし時計に起こされる。本日の睡眠は、4時間。
一瞬だけ計画中止という考えが浮かび上がってきたが何とか
踏みとどまって起き上がる。
予報によると良い天気になりそうだったのでウインドブレーカーは、持たずに夏用の
長袖アンダーを着て走ることにしました。そして今日の使用車は、FCR(改)。
トレーニングのつもりで敢えて疲れの出易いアルミ車にしました。

5時ちょうどに自宅を出発。
Xepaabc2

朝日に照らされ
車のいない道を
走るのは最高!



5時40分、近江鉄道の八日市駅に到着。ちょうど43分発の電車があり急いで切符を購入して
ホームへ。近江鉄道では、自転車をそのまま乗せられるサイクルトレインが走っており
(一部路線を除く)とても便利です。
そして、このフリー切符、土日祝のみ販売なのですが550円で一日何回も乗ることが出来る
のでとってもお得です。
Sdobyrr8

米原までの約
40分間、心地
良く居眠りwink



米原駅に着きました。さぁ一人グランフォンドの開始です。
Qqtqb4te

6時30分、
出発!



まずは、旧中山道を走って醒ヶ井宿へ。いつもは、観光客で賑やかな古い町並みを通過します。
Kericyig

とても美味しい水が豊富に湧き出すことで有名な古い宿場です



やがて近江国と美濃国の国境へ。この場所は、寝物語の里と呼ばれています。
昔、国境の小さな溝を隔てて建つ両国の旅籠の泊まり客どうしが、寝ながら話しができた
ことから付いた呼称だそうです。また源平の頃、静御前が義経を追って来て近江側に泊まった
ところ、隣の美濃側の家から義経の家来、江田源造の声が聞こえて壁ごしに夜明けまで
話し合ったという伝説もあるようです。
Elyd1fpk




美濃国に入り、今須川沿いのr229を通ってR365へ抜ける。R365は、大型車両が多くとても
走り難いので所々にある裏道を使います。そのせいか米原から鞍掛峠の上り口である
黄金大橋(こがねおおはし)までの移動に2時間近く掛かってしまいました。coldsweats02
この場所は、既に三重県。この先を右折すれば、鞍掛峠への上りが始まります。
F11o0xcx

目の前には、鈴鹿山脈が・・・




〔その2.鞍掛峠〜筒井峠〕
いよいよ1本目の峠である鞍掛峠への上りが始まりました。
この道は、R306。交通量が多すぎて走り難いほどではありませんがモーターバイクの峠族
と大型車両(なぜかLPGローリーとセメントローリーが多い)がたくさん通っています。
まだ9時前なので気温も低めです。長袖アンダーの腕を捲り上げなくてもちょうど適温。
峠の坂道をじわじわと上っていきます。今回の目的は、日暮れまでに帰着すること。
つまりタイムではなく、完走出来るか!なのです。そこで無理して踏み込まず、なるべく
体力を温存させるように得意のだらだら走りshockでピークを目指します。
Qlqcionr

このあたりがちょうど中間付近かな?



9時20分、ピークに到着。
このトンネル(全長745m)を抜けると滋賀県です。しばしの間、三重県とお別れです。
Oggzdjc2




滋賀県側の景色です。高速ダウンヒルが楽しめる道ですがローリング族対策用の黄色い
ボコボコに気を付けましょう!
15cdvfr8

ここから一気に下界へ下ります


R306滋賀県側の要注意ポイントは、佐目トンネルです。全長が1045mと比較的長く建設用大型車両が巻き上げる砂埃が
ものすごい!ここは、タイミングを伺いながら一気に通過するほうが良いでしょう。。。
I2nqprnn

通過し終わって振り返った写真
口の中が砂でじゃりじゃりですangry



そして次に向かうのは、筒井峠です。
お腹が空いているようであれば、多賀まで下りコンビニで補給しようとも考えていた
のですが大丈夫そうだったので永源寺までの最短コースを走ることにしました。
ただ距離は、最短なのですが峠が一つ追加されます。
Fxlkfedq

ここで左折して川相方面へ



人気の少ないr34(多賀永源寺線)を走っているとたくさんの猿に遭遇。このあたりでは
珍しくもないので気にせず真横を通過して走り抜けます。
と、見たことのない小動物を発見しました。狸に似ていますがちょっと違うようです。
写真を撮りながら真横を通過しても逃げなかったのですがもう一度じっくり観察しようと
振り返ったら、すたこらさっさと逃げていきました。うーん、穴熊かな?
Rmc_gk_u

折角、撮ったのに顔が写ってないshock



このあと反対方向から走ってくる二人連れのローディーと挨拶を交わしさらに峠へと向かって
上り続けます。
Cyha7zd9

沢水が道路を横切るように作られている箇所もあります



10時53分、筒井峠に到着!
2vkj9fj0





〔その3.永源寺(黄和田)〜石榑峠〕
筒井峠を越えると永源寺までは、一つの上り返しもなく快適に下れます。
ダウンヒル中に少しばかりの脚休めが出来ましたがそろそろ疲労が溜まり始めて
きたようです。無性にコーラが飲みたくなったので酒屋さんの自動販売機前で5分間の休憩。
炭酸が脚に溜まった乳酸を体外に排出してくれる効果に期待して再び走り始めます。
P8cyrjd1

ここからは、愛知川に沿って上っていきます



石榑峠への道は、R421です。現在、中腹で山脈を貫くトンネル工事が進められているため
建設用大型車両がたくさん通り景観も殺風景になってしまっています。でもトンネルの
開口部を過ぎると昔ながらの静かな峠道に戻ります。
Rp09ep3n




峠の手前、1kmポスト付近で二人連れのローディーを追い抜く。
うーん、いかんいかん。ついムキになってしまった。こんなことしてたら最後まで脚が
持たないぞと思いつつ石榑峠に到着です!
Ljarqyya

2mバリケード
これこそが石榑峠の象徴ですね



石榑峠には、先客のローディーが一人おられました。
携帯食を頬張りながら少しだけお話をさせて頂く。何でも名古屋から自走して来て
一旦、滋賀県側に下ってUターン。次に滋賀県側から上り直しているという方でした。
うーん、皆さんお元気です。
と、お話をしているうちにChokoさんのブログ仲間であるdaiさんだということが判明!
1puel4cu

daiさん


もっと自転車の話をしたかったのですが、残り時間に追われていたため早々に失礼させて
頂かなければならなかったのが残念!


後編につづく


にほんブログ村 自転車ブログへ
---------------------------------------------------------------------

2008年6月 1日 (日)

石榑峠〜武平峠、足湯ライド

徹夜の翌日、一日ゆっくりと休息したお陰で何とか活動する気力が戻ってきました。
そこで石榑峠に行く、こんちさんビターさんにご一緒させてもらうことにしました。

大阪から電車でやってくる二人とJR草津線の三雲駅で合流。そこから石榑峠の上り口
である永源寺へ移動を始めたのですが・・・。ひぇ〜、しょっぱなから30km/hrオーバー
で巡航。峠を上る前に燃え尽きてしまいそうです。shock
とはいえ何とか二人に前を引いて貰いながら鈴鹿山脈に接近。。。
Mm9p4euv




これから越える鈴鹿の山並みが迫ってきました。左端の稜線が低くなっているところが
石榑峠への上り口になります。
Rkhzlu2g


永源寺ダム、通過。ここ数日の雨でダム湖も満水状態です。
K7vq50db




この道(R421)は現在、トンネル工事が進んでいて数年後に開通する予定です。
道路も拡張工事が進められていて殺風景で雑然とした風景になってしまってます。
木立に覆われた渓谷沿いの狭い道をうねうねとよじ登っていく雰囲気が大好きだった
のですが・・・。
Qmgysjr2





道沿いにある『京の水』で一息付いたあと再び、上り始めます。
ゆっくりと高度を稼いでいくとやがて峠のピークが近づいてきました。
Jf6ogufw




そしてピークに到着!これが石榑峠のシンボルとなっている2mバリケードです。
Bkij3nmk




ここから下界まで一気に爽快なダウンヒルと言いたいところなのですがピークから約1km
ほどの区間は、酷い悪路(ガタガタのコンクリート舗装と隙間の大きいグレーチング)のため、
ゆっくりと下っていきます。ブレーキレバーを握る手が痺れてきた頃、やっとまともな路面に
変わり普通に走ることができるようになります。

R306に出ると湯ノ山温泉を目指して南に走ります。ここからもぐいぐいと走る二人に
連れられて(多分、ave35km程度?)あっというまに湯ノ山温泉に到着しました。
ゆっくりと昼食を楽しんだ後、これまたゆっくりと足湯でアイスクリームを味わう。
Ag3juij6

至福の一時



さぁ食後は、本日のメインデッシュとなるR477、武平峠への上りです。
スタート後5分で二人の姿は、完全に視界から消え去り一人旅の始まりです。shock
私の嫌いな区間である熊牧場〜ロープウェイ線下をやっと通過してえっちらおっちらと
上っていきます。
片岡温泉からの分岐点から約45分で頂上の展望駐車場に到着しました。
展望台で待っていた二人にタイムを聞いてみるとビターさんが35分、こんちさんが
それに数分遅れて到着したようです。うーん、なんちゅう速さだ・・・。

滋賀県に再突入すべく頂上部のトンネルを走っていると反対車線から走ってきた
自転車乗りがすれ違う瞬間に大きく手を振ったのが見えました。
暗いトンネルの中、全く誰なのか判りませんでしたが一旦、トンネルから出て後ろを
振り返ってみると・・・。niwa-chanさんでした〜。smile
P8fi5bwf



レストアの完了したMTBの試走に武平峠を上ってきたそうな。

ここからは、4人で楽しいダウンヒルです。
Ode9g_j_



5lc34ux1




ダウンヒルの次は、旧東海道を西へ。
Gkgnz4mj



輪行で大阪へ帰るこんちさん、ビターさん達と三雲駅で解散!
晴天の下、楽しいライドになりました。smile

そして夜は、娘たちの13回目の誕生日を自宅でゆっくりとお祝い。
朝から晩まで盛り沢山の一日でした。



にほんブログ村 自転車ブログへ
-------------------------------------------------------------------

2008年5月18日 (日)

馬野渓から青山高原へ。。。

久しぶりにロングライドしたくて昨晩、目覚ましを5時半にセットして寝ました。
この後に続くのは、よくある話ということで・・・。shock
いや、目覚ましが自分の職務を忠実に果たした事もちゃんと知っています。ただ、
その持ち主がちょっと油断していたようです・・・。

でもって7時半に状況を把握することができた頭でどこに行こうか考えてみた。
急いで準備をしても出発できるのは、9時近くになってしまう。近場でちょっとだけ
ハードなコースということで青山高原に行くことにしました。

まずは、いつものアセボ峠を通って信楽へ。
いつもの狸ですが今回は、後姿を撮ってみました。
J_fve93m

信楽高原鉄道
信楽駅にて


ちょっとだけ軽量化のために休憩してすぐに出発!

信楽からR422の桜峠を越えて三重県に突入。しばらく走しるとこれから上る青山高原
が見えてきました。うーん、久しぶりに上るけど大丈夫か・・・。coldsweats02
Epordivs

阿山より望む
青山高原

壁みたく見え
るんですが…



天気は、上々。道路には、こんな奴らがニョロニョロ。
Sx2skyna




R163から三重県道r2を走って到着したのは、馬野渓(ばのけい)への入り口です。
最近、青垣さんがブログの記事で絶賛していたので是非とも行ってみたくなり今回は、
ここから上ってみることにしました。
初めてのコースなので力まずマイペースでのヒルクライムです。
まぁ大体の時間だけみておこうと時計を見たら11時15分でした。距離から考えると
1時間程度、見ておけば大丈夫かな。
0igsx0h4




先ほどの分岐から緩い坂を上ること約2kmで最後の集落となる奥馬野を通過しました。
するといきなり鬱蒼とした森の入口が現れました。
Eangiens




大きく伸びた杉木立の中は、サングラスをしたままでは暗すぎるくらいです。
Kjfza8qg




さすが噂に聞いていた急坂かと思いきや・・・。立ち上がって踏まなければならない
けれど想像よりも傾斜が緩く上り易い。
さらに馬野川に沿って林道が通じているためずっと渓流のせせらぎが聞こえてきて
深山の良い雰囲気の中を上れます。車も全く通らない。smile
Uscmlmdr



路面は、ところどころコンクリート舗装だったり落石があったりであまり良い状態では
ありません。
路面状況や杉林の中を上り詰めていく雰囲気が「足の郷越」に似ているかな?

木々に覆われた道は、直射日光を遮ってくれるので涼しくてとても気持ち良い。
真夏に走るなら高良城林道から頂上を目指すよりこっちのほうが良いかも。
Aldptwrb




延々と続く杉林。花粉症の時期には、走れないな・・・。
Kv9ilnqh



この写真を撮った後、あと1kmほどで青山高原道路に合流かなと思ったのですが
やはりそんなに甘くは、ありませんでした。いきなり斜度がきつくなり今にも失速しそうな
くらいに速度も低下・・・。どうやらこの道は、上にいくほど斜度がキツクなるようです。
ふくらはぎがプルプルしそうになってきたころ、高原道路の合流点に到着。
所要時間、約45分でした。

ゆっくりと展望台まで移動。さすがに青山高原、風も強く気温も低い。
V6ztx3_p

今日は、薄い
霧が掛かって
いるようです


展望室内で携帯食を食べた後、体が冷える前に下ります。

そして伊賀上野を通過して次の目的地は、御斎峠です。
Fbczwfmp




青山高原で疲れた脚が休みたいと訴えてくるのを無視しながらここもゆっくりと登坂。
Rtamvcwd





Xitk12jt

御斎峠通過



そして信楽方面へと下り、畑を経由したところで空に黒い雲が広がり始めました。
午前中は、最高の青空だったのですが・・・。
どうも空を見ていると阿星山の向こう側は、晴れているようです。急いで大鳥居から金勝を
越えようとしましたが遂にポツポツと降り出してきました。一時停車してデジカメが
濡れないようビニール袋に仕舞います。(なので、ここから先の写真がありません…。)

金勝への道を上っているといつのまにか本降りになっていました。疲労の溜まりきった
脚では、思うように進めません。果てしなく上りが続くかにも思えてきた頃、やっと道の駅
に到着。アイスクリームでエネルギー補給をして再び雨の中を走り出します。
ここから先は、下るだけです。

道の駅から走ること約5km。いつのまにか路面も乾いてきて気が付けば雨の降った痕跡
すらない。やはりこちら側は、降っていなかったか。でも私は、全身びしょ濡れ。coldsweats02
早く帰って服を着替えて、愛車をメンテしなければ。ということで予定をやや短縮して帰宅
しました。
やっぱり早起きして琵琶湖一周でもしておいた方が良かったかな・・・。

Mfzkxppe_s
本日のコース図

画像をクリック
すると拡大します





2fofkben_s

標高図

画像をクリック
すると拡大します





本日の走行距離、148km。

出発時間が8時40分、帰着が16時50分の割りには結構、走れたかも。smile



にほんブログ村 自転車ブログへ
---------------------------------------------------------------------

2008年5月 6日 (火)

久しぶりの鈴鹿山脈

昨日は、雨のため走ることが出来ませんでした。そして今日は、GWの最終日。
これは思いっきり走っておかなければ、いけないでしょうということで5ヶ月ぶりとなる
鈴鹿山脈越えに行ってみることにしました。
目的は、冬季通行止め+ダム工事による通行止めが3日前に解除されたばかりの武平峠。

朝6時、目が覚める。でも早朝の寒さに負けて家の中でダラダラと時間つぶし。。。
結局、出発したのは11時前。はは、全然、気合が入っていません。shock

でも出発したら雲一つ無い最高の青空。sun
まずは、鈴鹿山脈に向かって西へと進みます。
Vtstkwld



寒いのが苦手なので念のため、ウインドブレーカーとアームカバーを持って来ましたが
この分だと使わなくても済みそうです。

出発して1時間後、安楽越の分岐に到着。このY字路、右も左も安楽越の標識になって
いますが自転車は、右側に進みます。(左へ進むと登山道になってしまいます。)
0onit0av



安楽越は、鈴鹿峠の間道として古くから旅人が通った道のようです。

分岐を右に進むと鬱蒼とした木々の間に入っていきます。分岐から最高所までの
距離は、短いのですぐに到着。
7dzaijuc




最高所は、切り通しになっていて空が良く見えます。ただ背の高い木々のため
下界の展望がないのが残念です。
Lbimrsts




ほとんど車の通らない快適な道を下ります。
三重県側から上ると結構、キツイ。鈴鹿や四日市周辺のローディーのトレーニング
コースにもなっているようです。
Fxba2spu




安楽越を下りきろとR306を左折して北へと方向を変えます。R306は、交通量が多いため
自転車で走るのに気を使います。
緩いアップダウンを走っているうちに一昨日のプチフォンドの疲労が残っていることに気付く。
これから武平峠を上ることに若干の不安を抱きながらゆっくり目のペースで走ります。
J7ti_mcu




次にR306を菰野で左折して湯ノ山温泉の横を通過すると武平峠への上りが始まります。
昔は有料道路(鈴鹿スカイライン)だっただけあって展望の良い道なのですが
自転車にとっては、結構キツメの坂が延々と続きます。
Yroo7yii



ただ激坂というほど斜度がきつい訳でもないので、ゆっくりと少しづつ高度を稼ぎます。

このヘアピンカーブを通り過ぎれば頂上まであと少し。
I2t2l_4e




やっと最高所の展望台に到着!
5ehsc30c




展望台からほんの少しだけ上ると県境のトンネルが見えてきます。
Q4opiy8d




トンネルを出たところで滋賀県に再突入です。
Rdniknpe



武平峠を下り、おまけの平子峠を通過して16時に帰着。
本日の走行距離、114kmでした。

Ybm_1kpy_s

標高図

画像をクリック
すると拡大します




5sdpqaar_s

コース図

画像をクリック
すると拡大します





にほんブログ村 自転車ブログへ
---------------------------------------------------------------------

2008年5月 4日 (日)

なんちゃってプチフォンド

今日は、millionさん企画のなんちゃってプチフォンドにご一緒させて頂きました。
ただし今回のコースは、地理が判らないこともあり細かいレポートはなし!です。
数枚の写真アップだけにさせて下さい。 m(_ _)m

7時30分にmillionさんのお店に集合して出発!
Ynrf_fem






Ssyj_jdr

快調に
スタート





Hhhriymn



Zmnrccgx

こんな落し物
して・・・


7pyftmes

こんなに
なった人も




Jdrqlc_k

近畿最高所
のトンネル
五番関




Eclfmkvi

最高の景色





0ratpsd3

そしてパンク





Rl5ptsnq

帰路を急ぎ





Cjz0wplj

帰着後の
ミーティング




本日の走行距離、122km。
獲得標高、?,???m。



にほんブログ村 自転車ブログへ

2008年4月28日 (月)

琵琶湖一周

2008年になって初めての琵琶湖一周。
朝、6時にミャンマーさんと私の自宅で待ち合わせの予定です。ところが5時半に窓の外を
見ると既に到着していました。後で聞いたところ5時10分に来て待っていたらしい。。。

準備を済ませ琵琶湖へ向けて出発!
Wt6bqmez



ミャンマーさん、両手を離してよそ見をしながら、余裕の走りです。

琵琶湖大橋までの半分ほどの距離を走ったところで路面がかなり濡れていました。
どうやら局地的な大雨が降ったようです。水飛沫を巻き上げないようにゆっくり走って
集合場所の道の駅『びわ湖大橋米プラザ』に到着!
すると嬉しいことにウエストパレスさんの姿を発見。
途中までお付き合い頂ける15年選手さんとお話をされていました。
そしてチェレステ乗りのS君も到着していました。

全員の準備が整ったところで15年選手さんにお奨めの道を案内してもらいます。
Zrqlh3ui




ちょっと走ったところにあるコンビニで休憩です。
ここでローディーの大集団に遭遇。
この集団とはぐるっと走って琵琶湖大橋に戻るまでの間、あちこちで何度も出会いました。
どうやら抜きつ抜かれつほぼ同じペースで走っていたようです。
4wjefkr7




琵琶湖の西岸(湖西)を北上して行きますがかなり強い向かい風が吹き付けてきます。
まだまだ元気な脚で白髭神社を通過して先を急ぎます。
Mj6tms7i




と、風車村の手前で向かい風の中をずっと先頭を引いて頂いた15年選手さんが
所要のため離脱!道案内、ありがとうございました。

相変わらず強い向かい風の中、残る4名で奥琵琶湖を走ります。
うーん、前半でこの体力消費は、かなりキツイです。
Cs1kyzbw



私的には、このあたりの景色が一番好きです。X22xowrw



 そして11時ちょうどに奥琵琶湖パークウェイの登り口に到着しました。
でも向かい風にやられて既に脚が売り切れ状態・・・。
R2bzbtbx



私以外の3人は、スイスイと登って行っちゃいました。私は、一番軽いギアでじわじわと
頂上を目指しますが、左膝裏に軽い痛みが・・・。
ここで無理すると最後まで持たない可能性があるので引き続きマイペースで登り続けます。

高度が上がるにつれ素晴らしい景色も広がってきます。
Kkbj59dn



Fraowzb_



最高所を越えて爽快なダウンヒル。そして昼食の後、木之本町へ。

木之本では、ちょっとパン屋さんに寄り道。こちらの『つるや』さんでサラダパンを買いました。
55fzsggq




わざわざ、琵琶湖一周の途中に寄り道をしたのは、このパンを食べてみたかったから。
Ba4ox7ws



パンに挟んでいる具は、千切りの沢庵をマヨネーズで和えた物です。U2rr6sqy



沢庵のシャキシャキとした歯ごたえとマヨネーズが何とも美味しいです。
この組み合わせ、違和感があるような気もしますが一口食べてみると癖になりそう。smile

パンを食べ終わって元のコースに戻ります。前半苦しめられた強い向かい風が、
ここからは、背中を押してくれる救いの風に変わりました。
軽く脚を回すだけで楽々の30km/hr巡航。
風向きが変わらない内にと頑張って踏み込む!脚が痛いのを我慢して踏み込む!
Bdzuqipq



たまに気を抜きながらも頑張って踏む踏む!
でも付いていくのがやっとなんですけどね。。。
Vpg7jp8m



脚を回す限界に近づいたころやっと琵琶湖大橋東詰めに到着。
どうです、S君のこの満足そうな顔!
5sovhvnp



ここからちょっと走ったところで道の駅に車をデポしているウエストパレスさん、S君とお別れ。
すいません。。。道の駅に寄り道できる体力が残ってませんでした。shock

ここから自宅までの約25kmをミャンマーさんと一緒にゆっくり走ります。
そして18時30分に帰着!

本日の走行距離、214kmでした。
うーん、激しく疲れたような・・・。

ウエストパレスさんのレポートは、こちら
 (ふーん、悪い奴がいるんですね〜。私も気を付けようっと)wink

にほんブログ村 自転車ブログへ
----------------------------------------------------------------------------