フォトアルバム

最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村自転車ブログ
    にほんブログ村 自転車ブログへ

« 江戸時代の古道を走る | メイン | 不安定天気 »

2012年5月 3日 (木)

MTBでだいせん道(湯原⇒久世)を走ってみました。。。

レポのアップが遅くなりましたがGWの2日目、実家に帰省した際にMTBを車に積んで持って行きました。買ったばかりのMTB、実家(岡山県真庭市)周辺で面白そうなコースがないかと検索していると「だいせん道」というキーワードが見つかりました。

だいせん道」とは、古くから信仰の対象となっていた中国地方の最高峰である大山(だいせん、1729m)にある山岳宗教の寺院、大山寺を中心として周囲に延びた古くからの道の総称らしい。だいせん道には、いくつものルートがあるようなのだがその中で美作の国を通って大山へと繋がる横手道が私の実家からほど近い山中を通っているらしい。さらに調べてみると、この道は、江戸時代に全国でも最大規模で発生した農民一揆である山中(山中)一揆の舞台にもなった場所のようだ。

真庭市の湯原と久世を結ぶ区間には、三坂峠と十国峠が存在して「三坂三里は五里でござる」と歌われた難所であったとのこと。しかし、昔はこの道を牛馬も通っていたということなのでMTBで走るには、もってこいのコースであろうと推測して、走ってみることにしました。
下の地図、緑線が三坂三里と呼ばれた区間。上手くいけば三里、およそ12kmのシングルトラックを楽しむことが出来るかもしれない。smile

120502_map1

 

地形図には古道もしっかりと記されており、湯原側から久世側に向かう方が下りが多くて走り易いように思える。

120502_map2

 

 

実家から湯原側の古道入口まで10kmほどなので8時半に出発してR313を北へと向かいます。

120502_01

 

米子自動車道の湯原ICの手前を右折。だちょう牧場の看板が目印である。(だちょう牧場は、現在閉園中であるが看板は撤去されずに残っている)
この日は、空に雲ひとつない快晴。ロードバイクで走っている人達も多い。

120502_02

 

だちょう牧場の看板を頼りに直進。

120502_03

 

ここを右折。

120502_04

 

右折してすぐ、左手にお地蔵様。この場所はすでに、だいせん道のようだ。

120502_05

 

小さな橋を渡り、ここを左折する。だちょう牧場の看板を目印にするのもここが最後となる。

120502_06

 

最後の民家を過ぎてすぐにダートの林道になる。ここがお楽しみコースの起点となる。林道は、ヒノキの植林帯を通過してどんどん高度を上げていきます。

120502_07

 

林道の斜度は、さほどキツクないが予想以上に距離が長い。この先にあるはずのシングルトラックの押しに備えてゆっくりと登っていく。

植林帯が終わるところに金屋子神社の跡。この辺りは、古代の製鉄において砂鉄を採取していた場所らしい。

120502_08

120502_09

 

さらに進んで行き、首切り地蔵様に到着。山中一揆の首謀者51名が斬首され、うち13名がこの先にある三坂峠に晒されたらしく、その霊を慰めるために後年になって建立されたお地蔵様のようである。最初から首がないお地蔵様が作られたのか、それとも後になって首がなくなったのかは不明である。

120502_10

120502_11

 

そして林道の終点に到着。ここから先、車は進入出来ない。

120502_12

 

左側の看板には、三坂峠の説明。

120502_13

 

右側の看板には、「大山みち」を通るうえでの注意事項が記されている。この道は、自然散策道として整備されておりハイカーや三坂山への登山者も大勢通るため、MTBでの通行は、十分に注意する必要がある。

120502_14

 

シングルトラックに入ってすぐのところ、「南無妙法蓮華経」と刻まれた大きな石。古の雰囲気がたっぷりと漂ってくる。

120502_15

 

道幅は広く、斜度も緩いので乗車して登ることが出来る。

120502_16

 

しばらく登ると大きな石がごろごろとして荒れているが、どうやら石畳か石段が崩れてしまっているようだ。ここは、MTBを押したり担いだりして登る。

120502_17

 

荒れた区間は、さして長くなく10分ほどMTBを押し歩くと休憩所に到着。

120502_18

 

休憩所の向かいには、釜地蔵様。なぜか、こちらのお地蔵様も首がない。

120502_19

120502_20

 

釜地蔵様を過ぎると再び乗車可能になる。

120502_21

 

通り易い道ではあるが北向き斜面を通るためか、ややジメッとした感じがある。特に登り口から釜地蔵様までの間は、道がぬかるんでいる箇所もあり、夏場であれば吸血昆虫の「ブト」(ブユ、ブヨとも呼ばれる)が大量に発生しそうである。

120502_22

 

シングルトラックに入って約30分後、三坂峠に到着。

120502_23

 

三坂峠は、風通しが良く、少し戻れば湯原方面も良く展望できる。(峠に設置された看板によれば、近くに展望場所もあるようだ。)

120502_24

 

ここで持参したおにぎりを一つ食べる。

120502_25

 

道祖神と刻まれた石。そのため登山客からは、道祖神峠と呼ばれることもあるようだ。

120502_26

 

三坂峠から次の十国峠までは、約0.7km。歩いても15分ほどの距離だが、急斜面を横切るように作られた道であり、最近にも補修されているようである。多分、このあたりが三坂越えの一番の難所であったのだろう。

120502_27

 

十国峠の手前には、手摺り代わりのチェーンが張られている。古道の景観を損ねているが自然歩道として管理している自治体としては、どうしても安全優先で整備するようになってしまうのだろう。

120502_28

 

そして十国峠に到着。江戸時代、ここには津山藩が設置したとされる茶屋があり、その茶屋守の給金が年に十石だったことより十石峠とも呼ばれるそうだ。(ちなみに十国峠の語源は、ここから十州を望むことが出来ることから来ているとのこと。)

120502_29

120502_30

 

十国峠から久世方面へと延びる、だいせん道。軽トラックが通ることが出来るほどの幅がある。

120502_31

 

そして地形図から予測した通り、緩やかに下っていく極上のシングルトラック。

120502_32

 

久世側は、山の南斜面なり全体的に明るい感じの道である。

120502_33

 

下っていく途中、展望場所と記された標識を見つけたので寄ってみる。期待したほどの展望はなかったがたくさんのワラビやタラの芽があったので休憩がてら採取。ついでにバックパックを軽くするため、残っていたおにぎり一つを食べる。

120502_34

 

気持ち良く、どんどん下る。危険な箇所はなさそうだが初めて道なので慎重に走る。

120502_35

120502_36

120502_37

 

どんどん下って、R181へ合流。

120502_38

バックパックの中の山菜を出すため、一旦実家に戻る。この時点で12時を少し過ぎたくらい。30分ほど休憩してから再度、出発。

目指すは、十国峠。実は、午前中に十国峠に到着した際、林道が峠のすぐ近くまで来ているのが見えたのだが、その林道は実家のある集落から延びている寺谷林道に違いないと推測。コンクリート舗装の林道をゆっくりと登る。

120502_39

 

やがてダートになる。

120502_40

 

三坂山の標識がある。やはりこの道は、十国峠へと繋がっているようだ。

120502_41

 

峠近く、軽トラックですら通れないほど、路肩が崩壊している箇所を通過。

120502_42

 

そして2回目の十国峠に到着。

120502_43

 

2回目の下りは多少、路面状況が判ったこともあり、ちょっとだけ速く下ってみる。

120502_44

 

とはいえ、この素晴らしいシングルトラックを一気に下ってしまうのはもったいないのでところどころで停まりながら写真を撮る。

120502_45

120502_46

120502_47

 

シングルトラックから林道へ。そして林道が終わる地点にある砂防ダムの堰堤でお湯を沸かしてコーヒーを楽しむ。
三坂越えの三里は、かなりの部分が林道化されており、十国峠からここまで30分ほどで下ることが出来ますがそれでも十分に楽しめるコースでした。
この日、遭遇したハイカーは、ソロの一人と二人連れ一組の計3人だけ。こんなに整備されている道なのあまり歩かれていないのはもったいない気がする。

120502_48

 

MTBで出動する際のお茶セット。トランギアのアルコールストーブとチタンクッカー。この組み合わせが一番コンパクトで軽い。燃料のアルコールは、乳酸菌飲料の入っていた120mlペットボトルに入れています。季節や風の強さにもよりますがラーメンくらいなら40mlもあれば問題なく作れます。

120502_49

 

三坂集落が見えたら林道も終わりです。

120502_50

 

この素晴らしい道、自転車仲間を案内したいのだがそこまでのアプローチが遠すぎるのが難点。(何しろ私の自宅からだと300kmも離れている・・・)

この日の走行距離、十国峠から2回下って64km。
もう少し、距離があればもっと良かったのだが。。。

コメント

ニューバイクで楽しんでおられますね。
道すがらの歴史を楽しんで、いい景色のところで写真撮って、ストーブでお茶タイムとまさに大人のMTB
ライフという感じで良いですね。
しかしよさそうなコースですね。

Re:タケヘイさん、
がつがつと走るだけでなく、自然と歴史を楽しむのが面白いですよね。
(もっともがつがつと走れるだけの体力と気力もありませんが・・・)
機会があれば、ご案内したい道ではありますがちょっと遠すぎる・・・。gawk

やっぱり、面白そうなかんじやね~
でも、遠すぎ!!
新車の乗り心地はマズマズなようで良かったですね。

Re:かわchanさん、
ホント、面白い道ですよ~。
今度、どう?(笑)
新車、コントロール性が良いです。ただ、BBハイトが低目なのが気になります・・・。

はじめまして、厚かましくも百瀬慎太郎と呼ばせて下さい。

このホームページ興味深く拝見させて頂きました。

以前から、三坂峠越えの大山みちは、私の愛車であるMTBで走破してみたいとかねがね気持ちを温めておりました。。

そんな折、alialiさんのこちらの掲示板は大変参考になりました。

私は以前、櫃ヶ山~星山をMTBで縦走したことがあります。あのラクダの背のようななだらかな尾根をサドルに跨って両足をペダルに預けることはできるだろうかという一心でチャレンジしてみましたが、私の技量では無理でした。

私は、未舗装の山道や峠道または送電線の巡視路をMTBで押したり、担いで、ちょっとでもペダルが踏めるそんなところに興味を抱いています。

ちょっとお尋ねしたいのですが、湯原側のダチョウ牧場の看板を頼りに大山みちに入っておられますが、県道326号線から釘貫川沿いの道は遠回りになるのでしょうか?
更に。山生川から足尾滝の遡行コースは、大山みち遊歩道と比較していかがでしょうか?また、三坂山山頂までは、MTBを担ぎ上げなければ登れませんか?
そして、久世から湯原に抜けるコースよりも湯原から久世側に抜ける方がお勧めですか?
臼井田谷川から寺谷川に抜ける峠にも山道があるようですが、MTBで走破できますか?

ぶっしつけで、色々と勝手な質問を浴びせかけて申し訳ありません。

今後とも宜しくお願いします。

Re:百瀬慎太郎さん、
コメント、ありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。
1)どちらからのアプローチになるのでしょうか?
もし勝山・久世方面からであれば、R313またはr326のどちらかになりますが、r326を使うのであれば大平峠を越える必要があります。MTBで舗装路の上り坂は遠慮しておきたい、またはダート走行のために体力を温存しておくのであればR313がお勧めです。国道ですので路面は良好で交通量も少ないので走り易いです。
2)このコースをなるべく乗車して走破するのであれば湯原→久世へ向けて走る方が断然良いです。
三坂峠から湯原間は石畳の崩れた箇所があり乗車して下るのは困難かと思います。
まぁ、逆方向からは担ぎ上げになりますが・・・。coldsweats01
3)山生川から足尾滝の遡行コースについてですが、申し訳ありません。こちらのコースは通ったことがないので詳細は判りませんが登山者のレポートを見ていると、やや急な箇所や階段が数箇所あるようですがMTBでも通れなくはないかと思います。(あくまでも他人のレポートからの判断ですが・・・。)
4)三坂山山頂へは、MTBの担ぎ上げさえも困難かと思います。三坂峠から山頂への分岐点から見た感想ですが、いきなり藪の中の急坂を這い登るような感じでしたので、MTBを置いて歩かなければ前にも進めないと思います。
5)臼井田谷川についてですが、こちらはどのあたりなるのか知識がないので不明です。
6)寺谷川林道ですが、こちらは勝山と湯原の間に山久世という集落があり、ここから三坂山方向へ上っていく林道です。最初はコンクリート舗装、途中からジープロードになりますが十国峠まで完全乗車で上ることが出来ます。距離も長く斜度もキツイですが、湯原方面から三坂峠に向けて押し上げするよりもずっと楽です。但し、押し上げしながら山中一揆ゆかりの地蔵や道標なのでの古い史跡を見るのも大山道に歴史を感じることが出来るので、私のお勧めは、だちょう牧場の看板のところから三坂峠に上り→十国峠を経由→久世へと下るコースです。
ぜひ自分の脚で大山道を楽しんで来て下さい。happy01

黒猫の足様、おはようございます。

5月6日(火曜日)にまた三坂山は十石峠にやってきました。今回は、山久世から入山しました。
舗装された1本道かと想像していましたが、植林の作業道が枝分かれして戸惑いました。でも、寺谷川沿いの道を上ることにより十石峠に辿り着けました。
十石峠には、山久世に下りる道が前回確認出来なかったので、それを確認する為と時間短縮という意味も兼ねてこの道を選びました。
何度、訪れても胸のすくダウンヒルが楽しめ、すっかり上機嫌です。

Re:百瀬慎太郎さん、
十石峠から久世へのダウンヒルコースへ再訪ですね!
山久世ではブトウ畑が点在していたのを見られたかと思いますが、前日の5/5までは実家のブトウ畑で十石峠へ行きたいな~と考えながらビニールシート掛をしてました。
十石峠から久世へのダウンヒルは爽快なコースですよね。
私も、また走りたいと思っているのですが、なかなか忙しくて機会がありません。coldsweats02

コメントを投稿